民間の介護ホームを選ぶときの注意点

img-1

介護ホームは国が運営するものと民間が運営するものがあります。
国が運営する介護ホームに入るのは、年々難しくなってきます。介護認定が低いと対象外になりますし、都市部ではかなり待っている方がいます。

5年以上というケースも、多くあります。
国と民間の介護ホームは、かなり費用が違います。



民間は国の2倍くらい違うと、思っていてください。民間の介護ホームを選ぶときに注意点があります。

特別なOKWave関連の情報をたくさん掲載しています。

介護が必要になっても、引き続き入れるかどうかです。同じ部屋で過ごすことが難しくなり、別の部屋に移ってもらったり出る必要がある場合もあります。
また胃ろうなど専門的な看護に、対処していない施設もあります。


食事は、毎日食べるもので美味しい施設に入りたいですね。


こちらは、見学会で有料で実際に食べてみることはできます。

費用について、最初に高額な費用がいるケースがあります。
この場合、もしも合わなくて出ていく場合返金保証があるかどうか確認しておきましょう。
費用が決まっていても、食事や生活にかかわることが別料金の場合があります。
すべてを合わせた金額を、把握する必要があります。

施設に入って、病院に通う場合体のことを考えるなら近いほうが快適です。
病院のすぐそばにある、介護ホームが魅力的です。


田舎の交通の便がよくない施設もありますが、家族や友人がくるときに不便を感じます。
車で移動手段しかないところは、便利が悪いです。



都会でも、家族と離れすぎていてはあまり会えなくなります。

関連リンク

img-2
介護ホームで働くメリットとは

現在、介護ホームなどで働く人の人数が足りないという事で大きな社会問題になっています。数年後には、所謂団塊の世代が一気に65歳以上を迎え介護施設などを利用するようになります。...

more
img-2
介護ホームで求められる人材とは

現在、介護業界では慢性的な人不足が叫ばれています。介護は仕事がしんどい、きつい給料が安いとネガティブなイメージが強かったのが実用ですが、現在は少しずつ改善しようという動きが見えています。...

more
top