介護ホームで働くメリットとは

img-1

現在、介護ホームなどで働く人の人数が足りないという事で大きな社会問題になっています。

All About関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

数年後には、所謂団塊の世代が一気に65歳以上を迎え介護施設などを利用するようになります。現在以上に介護職員不足が叫ばれるようになるのではと心配の声が上がっています。


しかしながら、介護の仕事は厳しい上に、給料が少ないと一般的に良くいわれています。
しかし現在は、介護職員処遇か以前加算という名目で、利用する方から介護利用料より処遇改善する為の料金をもらっています。
その加算で得た利用料は、職員の処遇を改善する意外の目的で使ってはならない事と決められており月々の給料や賞与などに加えられるので以前の介護職員の給料が少ないというイメージは大きく改善されています。
また、大きなメリットの1つに介護ホームなどに勤務した経験を生かして国家資格の取得が目指しやすいという物です。
国家資格のひとつである、介護福祉士の取得には学歴は問われません。

しかしながら、介護の経験が必要となります。平成28年からは、経験だけではなく介護職員実践者研修という研修も必要になりました。費用と時間はかかりますが、学歴を問わず経験と研修を積み重ねるだけで国家資格を取得出来る資格を得られるのは大きなメリットです。



資格を取得する事により、さらに資格手当などで給料を上げる事も出来る可能性があります。



その他にも、介護支援専門員や社会福祉士など多くの資格を得る機会がありますので介護ホームで働くことを検討してみてはいかがでしょうか。

関連リンク

img-2
介護ホームで働くメリットとは

現在、介護ホームなどで働く人の人数が足りないという事で大きな社会問題になっています。数年後には、所謂団塊の世代が一気に65歳以上を迎え介護施設などを利用するようになります。...

more
img-2
介護ホームで求められる人材とは

現在、介護業界では慢性的な人不足が叫ばれています。介護は仕事がしんどい、きつい給料が安いとネガティブなイメージが強かったのが実用ですが、現在は少しずつ改善しようという動きが見えています。...

more
top