介護ホームを選ぶ方法

img-1

介護ホームと呼ばれる介護施設には、色々な種類があります。
通所介護と呼ばれるデイサービスでは、デイサービスのスタッフが迎えに来て施設で入浴や、機能訓練と呼ばれるリハビリを行ったり食事をしてまた自宅に帰ってきます。
それほど高い介護を必要とせず、自宅で生活する方に選ばれています。
それとは逆に、常時介護を必要とする方に選ばれているのが特別養護老人ホームなどの入居型の介護ホームです。



24時間介護専門のケアスタッフが状態を見守ってくれています。
特徴として、特別養護老人ホームでは介護スタッフだけでなく医療的な処置もうけられるように、看護スタッフも人員基準に設定されいます。

教えて!gooに関する情報が満載です。

はじめはそれほど医療行為を必要治しなくても、徐々に身体的な機能が低下して行き日常的に医療行為が必要となる高齢者は少なくありません。



嚥下能力が低下してくると、食事を自分でとる事が難しくなります。胃瘻とよばれる、胃に直接栄養を入れる方法をとるケースでは鼻からチューブを入れて今で届ける方法と、胃に直接穴をあけて栄養を入れる方法があります。

何れにしても、医療行為の一環と見なされており特別な研修を終えた介護福祉士か看護スタッフにしか行う事が出来ませんので、介護ホームを選ぶ際にはどこまでの医療行為を必要とするかしっかりと見極める必要があります。

また、食事をとる事が難しくなると痰が上手く処理出来ず、痰吸引が必要になる場合もあります。こちらも医療行為と認定されている為、通常の介護職員では行えない行為になりますので注意が必要です。


関連リンク

img-2
介護ホームで働くメリットとは

現在、介護ホームなどで働く人の人数が足りないという事で大きな社会問題になっています。数年後には、所謂団塊の世代が一気に65歳以上を迎え介護施設などを利用するようになります。...

more
img-2
介護ホームで求められる人材とは

現在、介護業界では慢性的な人不足が叫ばれています。介護は仕事がしんどい、きつい給料が安いとネガティブなイメージが強かったのが実用ですが、現在は少しずつ改善しようという動きが見えています。...

more
top